クレジットカードで無料海外旅行保険

クレジットカード、日本では使っていない方も、海外には、必ずと言っていいほど、クレジットカードを持って行かれると思います。

クレジットカードは、どれも同じではなく、クレジットカード会社によって、サービスがかなり違います。中でも、海外に行くとなると、無料海外旅行保険が付随しているクレジットカードはかなり魅力的です。1週間ほどの海外旅行でも海外旅行保険をかけると、5,000円くらいはかかるので、その分美味しい物が食べられたり、お買い物ができたりしますよ!

かくいう私も、数年前までは、何の疑問も持たずに、2泊3日の海外旅行から数ヶ月に及ぶ海外旅行まで、すべて海外旅行保険にお金を支払っていました。しかし、無駄な出費は控えなくてはといろいろ調べていくうちに、クレジットカード海外旅行保険を節約できることを発見。

数あるクレジットカードの中から、海外旅行保険無料にするために、コレだ!と思った、クレジットカードを複数枚持っています。ポイントは、すべて年会費が無料(*)なところと、複数枚所持しているところ。「なぜ、クレジットカードが何枚も必要なの??」とお思いの方は、下記の表をご覧下さい。

コレだ!と思うまでにサイトを見たり、電話をしたりして、納得するまでに結構時間を費やしました。こちらで紹介することによって、ご参考になりましたら、幸いです。

*:ソニーカードSony Cardに関しましては、翌年度(初年度無料)より条件付き無料→詳しくはコチラ

海外旅行保険付き無料クレジットカード比較表

クレジットカード名 1:保険有効期間 2:傷害による死亡・後遺傷害 3:傷害・疾病による治療費用 4:携行品の損害 5:賠償責任 6:救援者費用
ソニーカードSony Card ソニーカード Sony Card 90日 2000万円 100万円 20万円 2000万円 200万円 ソニーカード Sony Card ソニーカード Sony Card
DCカード DCカード 90日 1000万円 30万円 10万円 1000万円 50万円 DCカード DCカード
楽天カード 楽天カード 90日 2000万円 200万円 20万円 2000万円 200万円 楽天カード 楽天カード

さて、なぜ海外旅行保険のために複数ものクレジットカードを所有しているかと言いますと、海外旅行保険保障項目の3〜6、これらはそれぞれの最高補償額が加算されていくシステムになっているからなのです(項目1に関しましては、最大保障金額の1枚のみが適用されます)。

なので、例えば DCカード ソニーカードSony Cardの2枚のクレジットカードを持っていた場合、持ち物が盗まれたり、壊れたりした時(保障項目5)、 DCカード の10万円とソニーカードSony Cardの20万円の合計30万円が最高補償額となるのです。

クレジットカード名 1:保険有効期間 2:傷害による死亡・後遺傷害 3:傷害・疾病による治療費用 4:携行品の損害 5:賠償責任 6:救援者費用
DCカード DCカード 90日 1000万円 30万円 10万円 1000万円 50万円 DCカード DCカードJizile ジザイル
ソニーカードSony Card ソニーカード Sony Card 90日 2000万円 100万円 20万円 2000万円 200万円 ソニーカード Sony Card ソニーカード Sony Card
合計 90日 2000万円(多い方が適用されます) 130万円 30万円 2000万円(多い方が適用されます) 250万円

海外旅行保険で最も利用する可能性が高いのが、保障項目3、4かと思われます。私も、過去利用したのは、ドミニカ共和国のリゾートホテルで突然の発熱にうなされお医者さんにかかった時(項目3)と、トルコに旅行したときに、トラムの中でパスポートや航空券一式を盗られた時(項目4)。。。最近で言うと、グアムに旅行したときにデジカメが壊れた時(項目4)位でしょうか。これらが無料クレジットカード複数枚所持することによって、かなり手厚い保障となるのは心強いです。まぁ、利用しないに越したことはないのですが。。

ここでご紹介したクレジットカード年会費無料なので、すべて持っていても損はないのですが、クレジットカードはなるべく少なく、という方もいらっしゃると思います。そんな方でも、海外旅行保険付きのクレジットカードを1枚は持ちましょう!

より詳しい情報は、各クレジットカード会社のHPをご覧下さい。最新の情報で、何か変更がございました場合はご容赦下さいませ。

copyright©年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険 All Rights Reserverd.